小樽の隠れ家的雰囲気のお寿司屋さん3
前回までにご紹介したお寿司屋さんにまた行きました
今までにもう何度も行ってお寿司を愉しんでいますが、久々の投稿になります。
今回も写真のとおり、大変美味しくいただきました。

お通しは氷頭(ひず)なますです。
氷頭とは、鮭の鼻先の軟骨部分で氷のように透きとおっていることからこのように
呼ばれています。
一匹からわずかしかとれない貴重なもので、珍味として珍重されているものです。



御造りです。
左上から時計回りに、マツカワカレイ、かすご鯛、ニシンです。
かすご鯛は、酢でしめています。



ほや酢です。白ゴマと刻みきゅうりが添えられています。


マツカワカレイのエンガワとウニ軍艦
マツカワカレイのエンガワは肉厚で噛みしめると脂が出てきて美味しいです。


鰆(さわら)の幽庵焼となります。

幽庵焼きとは、酒と醤油、みりんを同じ分量で合わせ、そこにゆずや酢だちなどの柑橘類の輪切りを添えた漬けダレに甘鯛や鮭、鰆、鰤などの魚を漬け込んで焼いたものです。柑橘系の香りがほのかに漂い、さわやかな風味を味わえるのが特徴です。
今回は柑橘系の香りは感じられなかったので、もしかすると柑橘類を使わなかったのかもしれません。とは言え、大変美味しくいただきました。


握りです。左:かます 右:鯖

かますは、英語名はBarracuda(バラクーダ)と言います。某社のハードディスクの名前に使われているので、聞いた事がある方もいらっしゃるかも。



イクラ軍艦、キンキ握り

どちらも美味しくいただきました。いくらは定番中の定番なおいしさです。

キンキは脂がのっていて旨かったです。



左:赤貝ヒモ 右:赤貝

赤貝のヒモは、キュウリと相性が良く、千切りにしたきゅうりと合わせて巻物にしたりします。今回は、握りでいただきました。歯ごたえが良く、磯の香りをたのしめます。



左:シャコ 右:玉子

2023.11.26 11:30 | pmlink.png 固定リンク | folder.png グルメ | com.gif コメント (0)

- CafeLog -